染める前の準備

ヘアカラー(酸化染毛剤)を使用する方は、使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。
ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

白髪染めに必要なもの

染毛剤

bottles

ヘアカラーを使用される方は 2日前(48時間前)に、
毎回パッチテストが必要です。

ティッシュペーパー

bottles

新聞紙などの敷物

bottles

bottles

タオル

bottles

時計

bottles

輪ゴム
(手袋をとめるため)

bottles

ケープなどの前開きの衣類

bottles

コーム
(製品によっては付属しています。)

bottles

油性クリーム
(額、生えぎわ等に使用)

bottles

手袋
(製品によっては付属しています。)

bottles

混合用トレイ
(製品によっては
付属しています。)

bottles

使用説明書
(製品に付属しています。)

bottles

事前の準備

肌の保護
肌に薬液がついて時間がたつと落ちにくくなるので、あらかじめ油性クリームを耳のまわり、額等の髪の 生えぎわにやや広めにつけておきましょう。

*カラーリング剤が肌に付いても落としやすくなります。付いた時は、すぐにティッシュペーパーなどで拭き取りましょう。
*クリームが髪につくと、染まりにくくなりますのでご注意ください。

ヘア
●髪の長い人はブロッキングしましょう。
step2

※ブロッキング(髪全体をいくつかのブロックに分ける)して、それぞれゴムや金属製でないクリップで留めておきます。

●髪の汚れや整髪料は落としておきましょう。
身支度
●汚れてもさしつかえのない前開きの衣服に着替え、ケープやタオル等をかけてください。(衣類や床、壁などに液がつくと落ちません。)
●イヤリング、ピアス、ネックレスなどははずしておきましょう。
●周囲に新聞紙やビニール等を敷いてください。
step3

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は、ヘアカラーにかぶれる体質であるかどうかを調べるテストです。
食品や医薬品等でアレルギー反応をおこす人がいるように、まれにヘアカラーでアレルギー反応をおこす人がいます。
また、他のアレルギーと同様に、過去に何回も染毛した方でも、体質の変化等により、かぶれるようになる場合もあります。
染毛のたびに毎回必ず皮膚アレルギー試験を行ってください。
染毛の2日前(48時間前)には次の手順に従って毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

パッチテストの手順

準備するもの

●使用するヘアカラー  ●綿棒
●ティッシュペーパー  ●小皿

patchtest1
テスト液を少量つくります
染めようとする薬剤のA剤とB剤を1対1の 割合で、綿棒などで混合してテスト液を少量作ります。 (A剤、B剤共にすぐにキャップをして、 しっかりと締めてください。)(パッチテストに必要な分量だけを 小皿で混合してください。)
*製品によっては混合の割合が異なりますのでご注意下さい。 patchtest2
テスト液を塗ります
テスト液ができましたら、腕の内側に綿棒で10円硬貨大にうすく塗り、自然に乾燥させます。 (塗った部分が30分位しても乾かない場合は、ティッシュペーパー等でこすらないように軽く拭き取ってください。) patchtest2
48時間放置します
そのまま触れずに48時間放置します(テスト液を塗ったところは絆創膏等で覆わないでください。) ※放置時間は必ず守ってください。
テスト部位を確認してください
テスト部位の観察は、テスト液塗布の「30分後」と「48時間後」の2回は必ず行ってください。 *塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激等の皮膚の異常があった場合には、手等でこすらないで直ちに洗い落とし、染毛はしないでください。 *途中、48時間以前であっても同様の皮膚の異常を感じた場合には、直ちにテストを中止し、テスト液を洗い落として染毛はしないでください。 *ウエラ製品をご使用の場合は、「ウエラお客様相談室」(TEL:0120-308-168)までご連絡ください。
異常がなければヘアカラーを使用します
48時間経過後、異常がなければ、すぐに染毛をしてください。